ソフトウェア

3次元地盤モデリングシステム(Geomap3D)

地層面の属性

浸食(厚)

浸食(厚)属性を使用すると、浸食(厚)面属性として設定した面よりも下位の地層に対し、その浸食(厚)面で設定した厚さを浸食することができます。浸食(厚)は堆積(厚)とは逆に層厚をマイナス値にした箇所が浸食されます。2次元的に表現すると下図のようになります。

地層面の属性[浸食(厚)]2D

(a)のような地層があった場合、その上にある一定の厚さ(例えば-10mなど)を設定した浸食(厚)属性面を与えると、(b)のように均等に浸食させることができます。なお、浸食させたくない場所がある場合、その場所の層厚を0m以上にすれば浸食されません。

Geomap3D上での表示

<浸食前>

地層面の属性[浸食(厚)]浸食前

<浸食後>

地層面の属性[浸食(厚)]浸食後

浸食前地形の上に、モデル範囲全体を層厚−20mとした浸食(厚)属性の面を設定すると、
上図のように全体が−20m浸食された地形ができる。

ページのトップへ