ソフトウェア

3次元地盤モデリングシステム(Geomap3D)

地層面の属性

挟み層

挟み層属性を使用すると、挟み層を作成することができます。設定した挟み層の標高に既に下位の地層が堆積している場合には、堆積しません。入力方法としては、標準面を作成し、その面から挟み層の上端面および下端面までの厚さを入力します。上端面から下端面までの層厚が0m未満の場合には、堆積しません。2次元的に表現すると下図のようになります。

地層面の属性[挟み層]2D

上図の挟み層は地層A中に、地層Bが挟む形になっています。登録する層順は上図の場合、B層をA層の下層に設定をします。

Geomap3D上での表示

地層面の属性[挟み層]3D

青い層が挟み層を示しています。断面図で表示しています。

ページのトップへ