ソフトウェア

3次元地盤モデリングシステム(Geomap3D)

地層面の属性

変形

変形属性を使用すると下位の地層に対して変形量を与え、地盤の沈下や隆起・褶曲等を表現することができます。変形面は、隆起させたいか箇所が+(プラス)に、沈下させたい箇所が−(マイナス)になるように作成します。2次元的に表現すると下図のようになります。

地層面の属性[変形]2D

上図(a)のように地層に対して、上図(b)で示される変形面(+が隆起、-が沈降を表す)を与えると、地層面は、上図(c)のように変形します。

Geomap3D上での表示

<変形前>

地層面の属性[変形]変形前

<変形後>

地層面の属性[変形]変形後

変形前の地層に褶曲のような変形面を与えると、変形後のようになる。

ページのトップへ