GSIについて

代表挨拶

GSIは、「社会のための地球科学」に積極的に取り組みます。


2009年は、2007年から始まった国際惑星地球年の最後の年です。この標語「社会のための地球科学」は、地球に関する知識を活用し、多くの命と暮らしを破壊から守っていこうというものです。

2008年には、海外では中国の四川大地震、国内では岩手・宮城内陸地震など大きな災害が発生いたしました。地球科学に対する期待は高まる一方です。

GSIは「地球のことをもっと知りたい」を合言葉に、大地に直に手をあてながら研究や仕事をされている皆様を支援するシステムを開発してゆきます。

2007年に発売開始したGeoClino(デジタルクリノメータ)は、多くの方々から賞賛をいただきました。2008年10月にはGSA(ヒューストン)で製品の展示を行いました。2009年も、国内外で宣伝活動を展開してゆきます。

代表取締役 豊田 守 GSIは、夢を形にする会社です。デジタルクリノメータや地質用の教育ソフトもユーザーの方々と現場に一緒に出かけ活動する中で生まれてきました。劣悪な野外環境の中で正確なデータを得られるようなシステムを目指しています。GSIのシステムつくりを支えるのは、皆様の夢に他なりません。 大地の鼓動に耳を澄ませる仕事はますます重要になっています。過去の事象を地道に掘り起こし、その延長線上の現在の姿を明らかにし、そして未来に起こりうることを解き明かす。GSIはそんな仕事のお手伝いをする会社です。
ジーエスアイ株式会社
代表取締役 豊田 守

ページのトップへ