ソフトウェア

GeoClino for Android

Android端末を利用したデジタルクリノメータ

Android端末の機能を利用して、地層の走向傾斜・線構造を測定し、保存することができます。保存したデータは地図上にプロットすることができます。

クリノメータ画面

測定データの保存

走向傾斜・線構造データはSDカードに最大500点まで保存可能です。走向傾斜データはバックアップが可能なので保存データ数が一杯になった場合は、一度バックアップを してからデータを削除して再び保存することもできます。また、測定されたデータは地図上にプロットされます。

走向傾斜プロット

測定モード

測定モードは、走向傾斜のみを測定する「走向傾斜測定モード」(左図)と走向傾斜と線構造を測定する「線構造測定モード」(右図)から選択できます。

測定モード

走向傾斜の測定方法

「走向傾斜測定モード」で走向傾斜を測定する場合は、端末の背面を地層の走向面に置くことで測定できます。端末を水平にする必要はありません。

走向傾斜測定モード

線構造の測定方法

「線構造測定モード」で線構造を測定する場合は、端末の背面を地層の走向面に置き、さらに端末長辺を線構造(下図の赤線)に沿わせます。そのとき、端末上部を線構造の測定したい向きにします。 端末の背面を地層の走向面に置いているので同時に走向傾斜も測定できます。

線構造測定モード

シュミットネット

地図表示エリアの測定データを対象にシュミットネット表示することができます。

シュミットネット

表示モード

表示モードとして、「ノースモード(日本方式)」、「ライトハンド方式」が選択できます。
例) ノースモード:(N59E 39S), ライトハンド:(59 39)

写真撮影機能

測定地点に写真を5枚まで登録することができます。プレビュー表示も可能です。

写真撮影機能
音声録音機能

測定地点に音声を録音して登録することができます。再生も可能です。音声ファイルの形式は3GP形式です。

音声録音機能
色の設定および備考の保存

走向傾斜データに備考を登録したり、地図上にプロットする際の色を設定することができます。また、ユーザー辞書によく入力する単語を登録して、簡単に備考を入力することも可能です。

備考・色
軌跡ログの取得・表示

本システムでは軌跡ログを保存して、表示することが可能です。 軌跡ログはGPSが取得可能であれば約15秒間隔で最大1000点まで保存できます(a)。 ただし、軌跡ログは地図画面が表示中の場合のみ取得されます。また、軌跡ログはKMLファイルとして保存でき、 Google Earthで表示することも可能です(b)。

軌跡ログ
メール送信機能

測定した走向傾斜データや軌跡ログはメールで送信することができます。形式はCSV形式とKML形式で選択できます。

google earth

※上の図は出力したkmlをgoogle earthで表示した例です。

ダウンロード

※マニュアルがダウンロードできます。
→ダウンロード

各バージョンについて

GeoClino for Android Lite → こちらから
GeoClino for Android Free → こちらから
各バージョンの比較 → こちらから

動作環境
本体 Android端末(OS:1.6以上)
OS Android 1.6以上
その他 データ保存用のSDカード
また、本システムでは以下の端末機能を使用しています。
  • 加速度センサー
  • 磁気センサー
  • GPS
  • インターネット
動作確認機種
本体
  • Sony Ericsson:XPERIA SO-01B (バージョン:2.1-update1)
  • HTC:Desire X06HT (バージョン:2.1-update1)
  • HTC:HT-03A (バージョン:1.6)
  • TOSHIBA:RAGZA Phone T-01C (バージョン:2.2)

※動作確認機種については2011年6月現在確認の機種
※上記機種は動作確認済みを意味しており、これ以外の機種で動作しないということではありません.

価格

\3,980

ご購入

こちらの商品のアンドロイド端末のマーケットからご購入いただけます。
→マーケットへ

※上記リンクはAndroid端末用です。PCからでは参照できません。

ページのトップへ